任天堂年末商戦『NewマリオWii』でばん回・・・朝刊チェック(1/29) | GameBusiness.jp

任天堂年末商戦『NewマリオWii』でばん回・・・朝刊チェック(1/29)

その他 その他

本日の朝刊チェックです。

今日は「キン肉マンの日」です。1979年に集英社の「週刊少年ジャンプ」に連載されて以来、多くのファンを獲得した日本を代表する漫画作品でありアニメ作品である「キン肉マン」(ゆでたまご原作)の記念日をと集英社が制定。日付はキン(金曜日)と肉(29日)を組み合わせたもので、1年に数回しか巡ってきません。

日経産業新聞3面「『マリオ』任天堂支える、年末商戦一挙ばん回」
任天堂は28日発表した2009年10月〜12月期の連結決算は営業利益が前年比23%減の1922億円になりました。有力ソフト不足による09年前半の失速から4期半の連続減少になりました。一方『New スーパーマリオブラザーズWii』の販売が好調で減益幅は前の期の52%から23%に縮小。年末商戦の苦戦を12月に取り戻し、再度下方修正は免れました。
岩田社長はマイクロソフトやソニー陣営が有力ソフトを集める1月〜3月に大型ソフトが無いことを認めつつも「1月に入っても勢いは衰えてない」と反論しています。

日経産業新聞4面「ECナビ、モバゲー向け育成ゲーム提供」
サイバーエージェントの子会社で価格比較サイト運営のECナビは、携帯電話向け交流サイト「モバゲータウン」向けにキャラクター育成ゲームの提供を始めました。利用者が自分の知人のキャラを世話することで、キャラの表情を豊かにしたり衣服などのアイテムをもらえたり出来ます。ゲーム名は『不思議なピクミーmini』で、利用料金は無料で、当面は広告収入のみ。今後はアイテム課金も検討。

日経産業新聞4面「GyaO!が12月に単月黒字に」
ヤフーが「Gyao!」の名称で運営する動画配信事業が12月に単月黒字化を達成したことを発表しました。2009年9月の配信サービス刷新で利用者が増加したほか、刷新を機に導入した大型広告などの販売が好調を推移しました。
《古谷正人》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら