「ホリデーシーズンはかなりの好調」−Wiiは300万台『Newマリオ』は400万本 | GameBusiness.jp

「ホリデーシーズンはかなりの好調」−Wiiは300万台『Newマリオ』は400万本

その他 その他

米国任天堂のホリデーシーズンはかなりの好調だった模様です。
  • 米国任天堂のホリデーシーズンはかなりの好調だった模様です。
米国任天堂のホリデーシーズンはかなりの好調だった模様です。

米国任天堂(任天堂オブアメリカ:NOA)は1月5日付けのプレスリリースにおいて、ホリデーシーズンの売上が好調だったと発表しています。

NOAの見積もりによれば、Wiiは12月の一ヶ月で300万台以上販売され、ニンテンドーDSシリーズは「据置ゲーム機、携帯ゲーム機の別を問わず、米国史上最高のセールス記録となった」とのこと。注目作『New スーパーマリオブラザーズWii』は400万本近くが売れたと見積もられています。

NOAのCammie Dunaway氏は「『ゼルダの伝説 大地の汽笛』『Wii Fit Plus』そして『New スーパーマリオブラザーズWii』は任天堂ファンと家族のために驚くべき冒険を提供しています」とコメントしました。

先日も米amazonが2009年のゲーム部門ベストセラーリストを発表、トップ10のうち9つまでをWii関連のアイテムが占めていたことで話題となったばかり。特に『New スーパーマリオブラザーズWii』の好調は横スクロールアクションの復権という意味でも喜ばしいニュースといえるでしょう。
《水口真》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら