3D時代を見据えた初のカンファレンス・・・3Dゲームミングサミット開催決定 | GameBusiness.jp

3D時代を見据えた初のカンファレンス・・・3Dゲームミングサミット開催決定

その他 その他

ソニー、バンダイナムコ、ユービーアイソフトなど大手メーカーが既に3D対応ゲームを開発する旨を言及していますが、The Bob Dowling Groupは初の3Dゲームを専門に扱ったカンファレンス「3Dゲームサミット」を4月21日〜22日に米国ロサンゼルスのヒルトン・ユニバーサル・シティにて開催すると発表しました。

2010年の一つのキーワードとなりそうな3Dは、絶賛公開中のキャメロン・ディアス監督の「アバター」でも注目を集めていますが、映画だけのものではありません。電機各社が3D対応テレビを発売するのに合わせてゲーム各社も対応ゲームを用意しようとしています。中でもソニーは本体のテレビ発売に合わせてサポートする旨を表明しています。

イベントは元「Hollywood Reporter」編集長のBob Dowling氏が運営を指揮し、「巨大になったゲーム産業がどのように3Dテクノロジーを活用すべきか、インタラクティブとリニアな従来型のエンターテイメントの間にあるギャップを埋めるものとなるでしょう」とのことです。

詳細は明らかにされていませんが、入り次第お届けします。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら