コナミ、プーマのCMにCG制作協力・・・朝刊チェック(12/25) | GameBusiness.jp

コナミ、プーマのCMにCG制作協力・・・朝刊チェック(12/25)

その他 その他

本日の朝刊チェックです。

今日は「クリスマス」です。キリストの降誕の日で、紀元400年頃から行われるようになったといわれています。日本には宣教師フロイスによって1565年頃に京都に伝えられたとされています。

日経産業新聞4面「プーマのCMにコナミがCG制作」
コナミデジタルエンタテイメントは、スポーツ用品大手のプーマとテレビCMの制作で連携します。サッカー選手が出演するプーマのスパイクのCMにコナミのサッカーゲームのCG技術を提供します。26日から「POWERCAT J」のCMが放送されます。ちなみにコナミのサッカーゲームのCG技術がCMで採用されるのは初めてです。

日経産業新聞4面「地デジ完全移行時TV離れ500万世帯と予測、若い単身者中心」
野村総合研究所は、2011年の地上デジタル放送完全移行時に同放送を視聴するのは約4534万世帯に留まるという予測を発表しました。アナログ放送の停止で総世帯の1割の約500万世帯による地上は離れが起きる計算で、インターネットや携帯電話に費やす時間が増えた20〜30歳代の若者の単身世帯が地上波離れの中心になるとみています。
《古谷正人》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら