オーストラリア政府、R18+レーティングの必要性について国民から意見を公募 | GameBusiness.jp

オーストラリア政府、R18+レーティングの必要性について国民から意見を公募

その他 その他

『Left 4 Dead 2』や『Aliens vs. Predator』など暴力表現のある作品の規制を巡りビデオゲームのレーティング制度に批判が強まった問題を受け、オーストラリア政府は、R18+(18歳未満販売禁止)レーティングの有無に関して国民から直接意見を募集するそうです。

オーストラリア政府のウェブサイトでは、PDFの調査資料が一般配布されており、「ビデオゲームにR18+レーティングを採用するべきか?」「ビデオゲームは映画とは別の基準で扱うべきか?」といった様々な質問事項が記載されている他、ユーザーが自由に意見を書き込めるスペースも。

この資料の提出は来年の2月28日まで受け付けられ、その結果次第で今後の方向性が決まるのではないでしょうか。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら