『ロックバンド』のHarmonixが39人を大量レイオフ−「売り上げとは無関係」 | GameBusiness.jp

『ロックバンド』のHarmonixが39人を大量レイオフ−「売り上げとは無関係」

その他 その他

『ロックバンド』のHarmonixは大量解雇を予定しているとのことです。

海外ゲームサイトGamasutraが伝えるところによりますと、Harmonixは39人もしくは13%のスタッフを解雇するとのことです。

Harmonixは『ロックバンド』などで海外における音楽ゲームのブームを作り出しました。
今年は伝説のバンドであるビートルズをフィーチャーした『The Beatles: Rock Band』を発売、全世界で話題となりましたが、今回の大量解雇はゲームの売り上げに起因するものではないとのこと。

今回レイオフされるのは主にQA(品質保証)部門のスタッフ。『セインツ ロウ』『レッドファクション:ゲリラ』で知られるVolitionも今年3月にQA部門の86名をレイオフしており、QA部門を縮小するのはひとつの流れになりつつある模様。今後HarmonixはQA部門をアウトソーシング及び一時スタッフに頼っていくとのことです。

Gamasutraは音楽ゲームブームの沈静化に加え、『The Beatles: Rock Band』の売り上げが100万本を突破したものの予想を下回る数値であったことを指摘しています。
《水口真》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら