任天堂は『GTA』DSのセールスに不満−「これまでとは違ったサポートが必要」 | GameBusiness.jp

任天堂は『GTA』DSのセールスに不満−「これまでとは違ったサポートが必要」

その他 その他

『グランド・セフト・オート:チャイナタウン・ウォーズ』のセールスに関し、米国任天堂のスタッフは「悔しい」と語ります。
  • 『グランド・セフト・オート:チャイナタウン・ウォーズ』のセールスに関し、米国任天堂のスタッフは「悔しい」と語ります。
  • 『グランド・セフト・オート:チャイナタウン・ウォーズ』のセールスに関し、米国任天堂のスタッフは「悔しい」と語ります。
  • 『グランド・セフト・オート:チャイナタウン・ウォーズ』のセールスに関し、米国任天堂のスタッフは「悔しい」と語ります。
  • 『グランド・セフト・オート:チャイナタウン・ウォーズ』のセールスに関し、米国任天堂のスタッフは「悔しい」と語ります。
  • 『グランド・セフト・オート:チャイナタウン・ウォーズ』のセールスに関し、米国任天堂のスタッフは「悔しい」と語ります。
  • 『グランド・セフト・オート:チャイナタウン・ウォーズ』のセールスに関し、米国任天堂のスタッフは「悔しい」と語ります。
『グランド・セフト・オート:チャイナタウン・ウォーズ』のセールスに関し、米国任天堂のスタッフは「悔しい」と語ります。

米国任天堂(任天堂オブアメリカ:NOA)のCammie Dunaway氏はニンテンドーDS用『グランド・セフト・オート:チャイナタウン・ウォーズ』の売り上げに関し「率直にいって悔しいです。確かに『バイオハザード』や『コール オブ デューティー』など、『GTA』のようなM指定タイトルは100万本以上売れています。これらは素晴らしいコンテンツであり、ロングテールであると考えます。消費者がニンテンドーDSという機種上で、全てのジャンルの多数あるタイトルの中からこれらのタイトルを常時見つけられる状態にしたいと思います」とコメント。現状の売れ行きに満足していないものの、サポートによって改善できるとする見解を明らかにしました。

「必要なのは、これらのタイトルをマーケティング上でサポートし続けること。これは私たちが過去数年で学んだことの一つです。数週の間、TVCMを投入するという昔ながらの方式は機能していません。常に新しい消費者が入ってきているからです」

ニンテンドーDSには常に新しい客層が入ってきているため、発売直後にのみプロモーションを行う従来のやりかたでは今や不足であるとするのがDunaway氏の意見であるようです。

ゲームの市場は発売直後の動きが大きい初動型といわれていますが、良いゲームが発売時期に関係なく売れ続けるのであれば、制作者としてもやりがいがあるはずです。

氏の言う「マーケティング上でのサポート」がどこまで有効なのかは現時点では不明ですが、こうした姿勢はサードパーティにとってありがたいものとなるのではないでしょうか。
《水口真》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら