角川グループ、100億円を調達―映像・ゲームなどの製作に充当 | GameBusiness.jp

角川グループ、100億円を調達―映像・ゲームなどの製作に充当

その他 その他

角川グループホールディングスは1日、2014年満期円貨建て転換社債型新株予約権付社債(CB)の発行を取締役会で決議したと発表しました。発行金額は100億円で、販売が好調な場合、10億円を上限に追加発行します。払い込み期限は12月18日。

主幹事は大和証券SMBCヨーロッパ。募集地域は米国を除く海外市場。

調達資金は、角川映画におけるスタジオ設備への投資(27.8億円)のほか、映像事業・クロスメディア事業・ゲーム事業におけるコンテンツ製作・デジタル化投資資金に50億円、中国市場への事業展開の戦略的投資金に5億円、残額を借入金の返済に充てるとしています。

角川グループは今年4月に角川ゲームスを立ち上げているほか、傘下のアスキー・メディアワークス、エンターブレインでゲーム事業を行っています。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら