「任天堂が自社の利益のためバーチャルコンソールの認証を操作している」−海外業界人の告発、真偽はいかに? | GameBusiness.jp

「任天堂が自社の利益のためバーチャルコンソールの認証を操作している」−海外業界人の告発、真偽はいかに?

その他 その他

「任天堂は自社の利益を守るためにバーチャルコンソールの認証を操作している」とする業界人の告発です。

海外ゲームサイトNTSC-UKにはバーチャルコンソール版『スーパーマリオカート』に関するスレッドが存在していますが、Dezm0nd氏という人物から「私が昨年ゲーム会社で働いている時、スーパーファミコンのゲームをバーチャルコンソールに提出したが却下された。任天堂は却下の理由に関し自分たちがバーチャルコンソールで出そうとしているゲームと競合する、といった。私は『スーパーマリオカート』ではないかと予想した」とのコメントが投稿されました。

問題のタイトルはUbisoftが1996年に発売した『ストリートレーサー』ではないかといわれていますが、現時点ではDezm0nd氏からの返信はありません。

この発言の真偽は不明ですが、海外ゲームサイトnintendolifeは「任天堂は『スーパーマリオカート』をバーチャルコンソールで再現するのに苦労したのは明らかで、『ストリートレーサー』が前もって発売されたら任天堂は間抜けに見えるだろう。しかし、任天堂がバーチャルコンソールのリリースを妨害しているというニュースは理解よりもむしろ憎しみを呼ぶだろう」としています。
《水口真》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら