教会シミュレーターは『Dante’s Inferno』のバイラルマーケティングだった | GameBusiness.jp

教会シミュレーターは『Dante’s Inferno』のバイラルマーケティングだった

その他 その他



先日、海外のゲームファンの間で話題になった『Mass: We Pray』というゲーム。教会をテーマにした、十字架コントローラーと専用の台を使うミニゲーム集で、「自宅が教会になる」というふれこみのもと発表されていました。

それがどうやら、EAが発売する『Dante’s Inferno』のバイラルマーケティングだったようです。公式サイトで予約をしようとすると、唐突に『Dante’s Inferno』のトレーラーにとばされます。もしくは“Go to Hell”と呼ばれるfacebookのページに飛ばされます。

2010年2月9日発売の『Dante’s Inferno』。ダンテの『神曲』を題材にしたゲームというだけあって、宗教を絡めたマーケティングが以前より行われていました。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら