セガ、暴力表現規制の厳しさから『Aliens vs. Predator』のドイツ発売を断念 | GameBusiness.jp

セガ、暴力表現規制の厳しさから『Aliens vs. Predator』のドイツ発売を断念

その他 その他

2010年にWindows PC/Xbox 360/PS3で発売予定となっている『Aliens vs. Predator』ですが、パブリッシャーのSEGAはドイツでの発売を見送る意向を明らかにしました。SEGAの話によれば「ドイツで発売するには暴力表現の修正が必要。しかし修正すればゲームの面白さを著しく損う」との事です。

SEGAが述べた理由に加えて暴力表現の修正にかかる時間や費用を考えると、今回の決断は仕方が無い事かもしれませんね。発売を楽しみにしてたドイツのファンはガッカリしていると思いますが……。なおドイツ以外の地域では18歳以上対象、北米ではMature評価になると予想されます。

ちなみにドイツと同じく暴力表現に厳しいオーストラリアでの発売については、まだ審査の結果が出ていないためどうなるか分からないと伝えられています。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら