EA「今後は既存フランチャイズが中心に」・・・開発スタッフは900名を削減 | GameBusiness.jp

EA「今後は既存フランチャイズが中心に」・・・開発スタッフは900名を削減

その他 その他

近年『Dead Space』『Mirror’s Edge』『Spore』『Zubo』『Brutal Legend』『Henry Hatsworth』など新規IPに積極的に取り組んできたエレクトロニック・アーツですが、業績悪化や低迷する市場状況を鑑みて、既存のIPを重視する方針に転換するようです。

Developによれば、同社CEOのJohn Riccitiello氏は「EA GAMESとEA SPORTSブランドの中で中核と言えるのは200万本を超えるようなタイトル。それに満たない作品の今後は考えていく必要がある」と述べたということです。

Developはこれに関して、EAのナイフから"安全圏"と言えるようなフランチャイズは『バトルフィールド』『FIFA』『マッデン』『シムズ』『ニード・フォー・スピード』『Command & Conquer』『Mass Effect』『ハリーポッター』『マーセナリーズ』くらいではないか?としています。

また、業績改善策として今期末までに1500名のスタッフを世界的に削減するとしていましたが、内訳は約900名がゲーム開発スタッフ、500名がパブリッシング業務のスタッフ、100名がコーポレート関係のスタッフになるようです。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら