コーエーテクモホールディングスQ2業績・・・主力タイトルが揃う下期に期待 | GameBusiness.jp

コーエーテクモホールディングスQ2業績・・・主力タイトルが揃う下期に期待

その他 その他

コーエーとテクモが合併してから最初の期となる、コーエーテクモホールディングスは平成22年3月期第2四半期業績を発表しました。

それによれば、売上高152億6400万円、営業損失6億4100万円、経常損失3億4900万円、純損失4億1500万円となりました。主力タイトルが下期に集中しているため先行投資が発生しているほか、経営統合に伴うのれんの償却費が計上されていることから損失を計上する結果となりましたが、数字自体は当初予想を上回る水準で推移しています。

ゲームソフト事業では『NINJA GAIDEN Σ2』が37万本を販売し、シリーズで400万本を突破。Windows向け『信長の野望・天道』も順調でした。海外では『アンデッドナイツ』を先行発売したほか、『無双OROCHI 魔王再臨』などのリピート販売も好調でした。しかしながら、主力タイトルが上期に予定されているため開発費が先行し、売上高96億1400万円に対して営業損失8億3900万円という結果でした。

その他の事業では、新作の投入を予定しているオンライン・モバイル事業が開発費先行で営業損失を計上したほかは、過去最大の動員数を記録した「ネオロマンス15thアニバーサリー」を開催したメディア・ライツ事業、パチスロ/パチンコ機向け液晶画面ソフトをリリースしたSP事業、共に好調でした。また、アミューズメント施設運営事業も不採算店舗の閉鎖や合理化を通じて黒字を確保しています。

通期の業績予想は売上高430億円、営業利益74億円、経常利益84億円、純利益47億円を据え置いています。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら