DS向け配信コンテンツ開発、トーセが任天堂から受託・・・朝刊チェック(10/29) | GameBusiness.jp

DS向け配信コンテンツ開発、トーセが任天堂から受託・・・朝刊チェック(10/29)

その他 その他

本日の朝刊チェックです。

今日は「ホームビデオ記念日」です。1969年の今日、ソニーと松下電器産業が家庭用VTR機器を発表したことに由来。

日経産業新聞9面「配信コンテンツDS向け開発、トーセが任天堂から受託」
トーセは28日、ニンテンドーDSに配信するコンテンツの開発を任天堂から受託したと発表しました。開発するのは商業施設を訪れた人を対象とするコンテンツで、商品や施設内の情報、周辺地域の役立ちネタを盛り込みます。
トーセはソフト開発受託は業界大手ですが、開発費の高騰や市場の縮小で受注計画が狂い、利益率が低下しています。ゲームソフト以外のコンテンツ開発も増やしています。

日経産業新聞9面「動画サイト視聴者数GyaO!2位浮上」
調査会社のネットレイティングスがまとめた9月の動画配信サイト視聴者数ランキングで、ヤフー子会社のGyaoの「Gyao!」が2位に浮上しました。(8月は4位)
9月に「ヤフー!動画」とサービスを統合した効果に加え、新たな視聴者を取り込めたことが大きな理由。1位は「YouTube」、3位は「ニコニコ動画」でした。ただ、1人当たりの月間視聴時間では、GyaO!が20分、ニコニコ動画は1時間42分と差が出ています。
《古谷正人》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら