タカラトミーとパナソニック、新開発の大型CNGトラックで物流の環境負荷を低減 | GameBusiness.jp

タカラトミーとパナソニック、新開発の大型CNGトラックで物流の環境負荷を低減

その他 その他

パナソニックとタカラトミーは、国土交通省の次世代低公害車開発プロジェクトによって開発試作が行なわれた国内で初めてとなる長距離用大型CNGトラックの試験運行を実施、関西圏と首都圏のラウンド輸送で試験運行を48回実施し、従来のディーゼルトラックで運行した場合と比較して、CO2排出量は10%、NOx排出量は90%削減することができたということです。また、浮遊微粒子の排出はほぼゼロになったとのこと。

ラウンド輸送では、パナソニックが、薄型テレビ工場(大阪府茨木市)から物流センター(千葉県浦安市)に薄型テレビ「ビエラ」を輸送し、タカラトミーが、物流センター(千葉県浦安市)から兵庫県や大阪府の得意先等に輸送するという形で行われました。今年度は年間250回の共同輸送を計画、うち96回に大型CNGトラックを活用する予定だということです。

パナソニックとタカラトミーでは物流拠点が隣接していることから、業界の枠を超えた共同輸送に取り組んでいます。これによって、2009年度年間で、空回送距離が年間7600km削減でき、CO2排出量では、大型CNGトラックの効果と合わせ、年間18tの削減が可能になるということです。た
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら