コナミ、アミューズメント施設に独自の電子マネー「PASELI」を導入へ | GameBusiness.jp

コナミ、アミューズメント施設に独自の電子マネー「PASELI」を導入へ

その他 その他

コナミは、アミューズメント施設に独自の電子マネー「PASELI」を順次導入していくと発表しました。
  • コナミは、アミューズメント施設に独自の電子マネー「PASELI」を順次導入していくと発表しました。
コナミは、アミューズメント施設に独自の電子マネー「PASELI」を順次導入していくと発表しました。

電子マネー「PASELI」は、コナミが発行している共通カード「e-AMUSEMENT PASS」にKONAMI IDを登録することでチャージできます。チャージにはクレジットカード(VISA、MASTERCARD)もしくはビットキャッシュを利用し、500、1000、2000、3000、5000円単位で可能です。 有効期限は最後に使用もしくは、チャージしてから1年間です。

コナミでは10月30日より東京レジャーランド秋葉原店にて、『クイズマジックアカデミー7』のロケテストに合わせて、PASELIの先行テストを実施。チャージしたPASELIでコインレスでゲームが楽しめます。『クイズマジックアカデミー7』のロケテストではPASELIの使用で協力プレーモードが遊べます。

アミューズメント業界では筐体の価格が上昇する一方で、一回のプレイ料金設定は長く100円や200円など硬貨の単位に縛られてきました。アミューズメント施設への電子マネーの導入は、柔軟なプレイ料金設定のための切り札と見られ、効果が期待されます。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら