Wii「マリオ」のガイド機能は「パンドラの箱」−「ゼルダ」など他タイトルでも検討? | GameBusiness.jp

Wii「マリオ」のガイド機能は「パンドラの箱」−「ゼルダ」など他タイトルでも検討?

その他 その他

ゲームがお手本を見せてくれる「ダイナミックヘルプシステム」は「パンドラの箱」であるようです。
  • ゲームがお手本を見せてくれる「ダイナミックヘルプシステム」は「パンドラの箱」であるようです。
  • ゲームがお手本を見せてくれる「ダイナミックヘルプシステム」は「パンドラの箱」であるようです。
  • ゲームがお手本を見せてくれる「ダイナミックヘルプシステム」は「パンドラの箱」であるようです。
  • ゲームがお手本を見せてくれる「ダイナミックヘルプシステム」は「パンドラの箱」であるようです。
ゲームがお手本を見せてくれる「ダイナミックヘルプシステム」は「パンドラの箱」であるようです。

『New スーパーマリオブラザーズ Wii』には初心者救済用として「ダイナミックヘルプシステム」が搭載されています。同じステージで8回以上ミスすると、ルイージがお手本を見せてくれるというシステムで、当初は「Wiiが自動で面クリアしてくれるシステム」と報道されて話題となりました。

任天堂の宮本茂氏は海外ゲームサイトGAMEDAIRYのインタビューに対し「ダイナミックヘルプシステム」は『スーパーマリオブラザーズ』シリーズだけではなく、『ゼルダの伝説』などのWii用タイトルにも採用を検討しているとの見解を明らかにしました。

『ゼルダの伝説』に関しては、ゲームシステムとの関係上、「ダイナミックヘルプシステム」がどこまで仕掛けを解いてしまっていいのか分からないため、ある意味「パンドラの箱」のようなものである……とコメントしています。

宮本氏によれば、現在の2Dゲームはルネッサンスの状態であるとのこと。過去に2Dゲームを遊んだ人がその記憶を持っていることが理由としています。「ダイナミックヘルプシステム」という「パンドラの箱」から出てくるのは、ルネッサンスを加速する希望なのか否か。宮本氏をして「パンドラの箱」と言わしめる可能性をどのように昇華していくのか、今後の任天堂ゲームには要注目といえそうです。
《水口真》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら