任天堂の次世代携帯ゲーム機はエヌビディアのチップを採用? ―海外誌報道 | GameBusiness.jp

任天堂の次世代携帯ゲーム機はエヌビディアのチップを採用? ―海外誌報道

その他 その他

英BSNは匿名の近い筋からの情報として、ニンテンドーDSに続く任天堂の次世代携帯ゲーム機に、エヌビディアのSoc(System On a Chip)「Tegra」が採用されると報じています。

「Tegra」はこれまでの任天堂の携帯ゲーム機で採用されてきたARMをベースにしたプロセッサと、グラフィックチップのGeForceを統合したもので、マイクロソフトのZune HDにも採用されています。

ARMをベースにしていることから、現行のニンテンドーDSとの互換性も図られるのではないかとBSNは述べています。

BSNでは次世代の携帯ゲーム機は2010年後半のデビューが計画されているとしています。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら