「Game Developer」の発表する「トップ20パブリッシャー」で任天堂が3年連続の首位 | GameBusiness.jp

「Game Developer」の発表する「トップ20パブリッシャー」で任天堂が3年連続の首位

その他 その他

業界紙「Game Developer」を発行する米Think Media Serviceは、Game Developer Researchにて、2009年の「トップ20パブリッシャー」を発表しました。第1位は3年連続で任天堂が獲得しています。

ランキングの公表は6年連続で、業界関係者に対するアンケート調査、売上高、取り扱いタイトル数、ゲームの平均評価、開発パートナーからの匿名のフィードバックなどに基づいて作成されています。

任天堂は売上高や開発パートナーからの評価が全社中トップでした。続いたのはエレクトロニック・アーツで、以下はアクティビジョン・ブリザード、ユービーアイソフト、テイク2インタラクティブ、ソニー・コンピュータエンターテインメントという順でした。

新顔としては『Fallout 3』で評価を上げたベセスダ・ソフトワークスが7位に、『Rock Band』シリーズが人気を集めているMTV Gamesが14位に、ゲームに力を入れているワーナーブロスが16位に登場しています。

逆に大きく順位を下げたのはセガで、前年よりも5位ランクを落として12位でした。

トップ20パブリッシャー
1. 任天堂
2. エレクトロニック・アーツ
3. アクティビジョン・ブリザード
4. ユービーアイソフト
5. テイク2インタラクティブ
6. ソニー・コンピュータエンターテインメント
7. ベセスダ・ソフトワークス
8. THQ
9. スクウェア・エニックス
10. マイクロソフト
11. コナミ
12. セガ
13. カプコン
14. MTV Games
15. バンダイナムコゲームス
16. ワーナーブロスインタラクティブ
17. ディズニーインタラクティブ
18. アタリ
19. アトラス
20. ルーカスアーツ
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら