サイバーエージェントがジークレストを完全子会社化 | GameBusiness.jp

サイバーエージェントがジークレストを完全子会社化

その他 その他

サイバーエージェントは2009年9月30日(水)に、連結子会社であるジークレストを、完全子会社化(100%子会社化)することを発表しました。

サイバーエージェントは、システムプロより株式を取得し、2003年12月にジークレストを連結子会社化。現在はジークレストの普通株式3,825,000株(59.28%)を保有しています。

サイバーエージェントは注力事業Amebaにおいて課金事業を開始しており、ジークレストを完全子会社化することにより、ジークレストのオンラインゲームの課金事業におけるノウハウを活用したい考えとのこと。「グループシナジーを最大限に活かしサービスの充実をはかると同時に、課金事業を多元的に強化し収益を拡大させていきたい」としています。

手続きとしては、既存株主システムプロなどが保有する発行済株式数の40.72%を現金にて株式を取得し、6,452,500株(100%)を所有する形となります。

なおサイバーエージェント専務取締役COO(最高執行責任者)の西條晋一氏が、ジークレストの代表取締役に就任予定となっています。
《富岡昌》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら