サーバー容量は1.3ペタバイト!『World of Warcraft』の運営を支える驚きの数字 | GameBusiness.jp

サーバー容量は1.3ペタバイト!『World of Warcraft』の運営を支える驚きの数字

その他 その他

今週開催されているAustin GDC 2009で、Blizzardの幹部Frank Pearce氏とJ. Allen Brack氏は、“The Universe of World of Warcraft”と題したキーノートを行い、『World of Warcraft』のゲーム内コンテンツや運営に関わる様々なデータを公表。世界最大規模のMMORPGを支える驚きの数字が次々と明らかになっています。

* 70,000種類の魔法
* 40,000種類のNPC
* 7,650種類のクエスト
* 4,449,680,399のAchievementが解除
* 発生したバグは180,000種類
* 27時間相当の音楽
* 10カ国語に対応
* 2,000,000語のテキスト
* 20,000台のコンピューターシステム
* 1.3ペタバイトのストレージ容量
* 13,250のブレードサーバー
* 75,000CPUコア
* 68人のサーバー管理スタッフ
* 2,056人のGM
* 340人の課金担当者
* 開発チームも含めるとスタッフは総勢4,600

登録ユーザーが1100万人を超える作品だけに、公開されたデータは気の遠くなるような数字ばかり。2004年にサービスが開始されたWorld of Warcraft、5年間に及ぶ運営を通して、Blizzardが巨大な企業に成長したことが伺えます。2010年には第3弾の拡張パックとなるCataclysmが登場しますが、今後もその規模がさらに拡大していくのでしょうか。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら