NECエレとルネサスが統合基本契約・・・ゲーム機向け半導体も生産 | GameBusiness.jp

NECエレとルネサスが統合基本契約・・・ゲーム機向け半導体も生産

その他 その他

NECエレクトロニクスとルネサステクノロジは両社の親会社である、日本電気、日立製作所、三菱電機の5社は、NECエレクトロニクスとルネサステクノロジの事業統合に関して統合基本契約を締結したと発表しました。

統合比率の調整のためルネサスは統合日までに日立製作所および三菱電機に対して780億円の株主割当増資を、新たな資金調達として統合日に日本電気、日立製作所、三菱電機の3社は新会社に対して総額1220億円の第三者割当増資を実施します。統合後の大株主比率は、日本電気33%、日立製作所30%、三菱電機25%などとなる予定です。

統合後はマイコン、システムLSI、個別半導体という3つの分野で両社が培ってきた強みを一層強化するリソースの選択と集中を進めるほか、製品群をまたがってのソリューション提案によるビジネスの拡大に力を注いでいくとしています。

NECエレクトロニクスはWiiやXbox360向けの半導体の生産も行っています。

新会社の名称はルネサス エレクトロニクスで、存続会社はNECエレクトロニクス。事業開始は2010年4月1日となります。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら