「『Madden』シリーズの売り上げは落ちている」−米国の不調はソフトのラインナップに原因あり? | GameBusiness.jp

「『Madden』シリーズの売り上げは落ちている」−米国の不調はソフトのラインナップに原因あり?

その他 その他

発売後2週間で175万本以上を売り上げたアメフトゲーム『Madden NFL10』ですが、EA的にはこの数字はお気に召さないようです。

ウォールストリートジャーナルが伝えるところによりますと、EAのCEOであるJohn Riccitiello氏は従業員に向けて送ったメールの中で「北米においてゲーム産業は降下傾向にあり、『Madden NFL10』も例外ではない」と語ったとのこと。

ウォールストリートジャーナルは「多くの経営陣や経済の専門家は今年の売上が減速している原因を経済よりはソフトウェアのラインナップが弱いせいであるとしているが、『Madden NFL10』の不十分なパフォーマンスはゲーム産業にとって悪い前兆だ。『Madden』シリーズはEAの最も強いタイトルであり、毎年必ずヒットを飛ばしていたが、売上が期待外れのものであるなら、他のタイトルもそうなるかも知れない」とコメント。『Madden』シリーズほどの強いIPが不振であることへの懸念を明らかにしました。

Riccitiello氏は明るい面としてプレイステーション3とXbox360の値下げを挙げており、特にプレイステーション3の売上がソフトウェアを牽引する効果を期待しているとのこと。

米国のゲーム市場は前年と比較してマイナスの状況が続いており、業界人としては頭が痛いようです。
《水口真》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら