新興企業のSpawn Labsが遠隔地のコンソールゲーム機をPC上でプレイできる『Spawn HD-720』を発表 | GameBusiness.jp

新興企業のSpawn Labsが遠隔地のコンソールゲーム機をPC上でプレイできる『Spawn HD-720』を発表

その他 その他

テキサスに拠点を置く新興企業Spawn Labsは9月14日から15日にかけて開催されたTechCrunch50にて、ネットワークを介して遠隔地のコンソールゲーム機をPC上でプレイ可能にするSpawn HD-720を発表しました。



このSpawn HD-720は接続されたゲーム機の映像をネットワークを介して送信、プレイする側は専用プレイヤーをPCにインストールしてその映像を受信します。コントローラーの操作もPC側からネットワークを介してSpawn HD-720に送信され、そこから専用ケーブルでゲーム機本体にデータが送られます。

専用のデーターサーバーにアクセスするのではなく、直接自宅などのゲーム機にアクセスする点が、同種のサービスであるOnLiveやGaikaiなどと異なります。





Spawn HD-720がサポートするゲーム機はXbox 360/PS3/Xbox/PS2/GCと様々ですが、プレイする側はWindows XP/Vista/7を搭載したPCがあればOK。また回線速度は標準画質の場合500kbps〜1Mbps、高画質の場合は2Mbps〜5Mbpsが必要となりますが、近年の高速常時接続環境であれば問題は無いでしょう。



価格はSpawn HD-720本体が$199.95で、各ゲーム機を接続する専用ケーブルがそれぞれ$29.95となっています。あまり安い買物ではありませんが、ゲーム機を持っていない離れた場所にいる友人や家族とゲームがプレイでることを考えると、お得とも言えるかもしれませんね。

ネットワーク技術の発達により次々と登場する新たなストリーミングゲームサービス。今後は一体どのような進化を遂げるのでしょうか。



《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら