Take-Two、『GTA: SA』のホットコーヒー問題に2000万ドルの和解金で決着 | GameBusiness.jp

Take-Two、『GTA: SA』のホットコーヒー問題に2000万ドルの和解金で決着

その他 その他

『Grand Theft Auto: San Andreas』にModで解除できるセックスミニゲームが収録されていた俗に“ホットコーヒー”と呼ばれる事件で集団訴訟を受けていたTake-Twoは、2000万ドルの支払いで和解に達したと発表しました。

この集団訴訟は、Take-Twoの投資家らが起こしていたもので、消費者側との訴訟問題は2007年の段階で既に解決していました。和解金のうち約490万ドルはTake-Twoが直接支払い、残りは保険料でカバーするとのことです。

Take-Twoの会長Strauss Zelnick氏は今回の和解合意について、「会社にとって重要な一歩となったこの和解をとても喜んでいる。」とコメントし、今後同様の事件が起こらないようにすると請け合っています。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら