米国はやはりゲーム大国−海外の調査結果 | GameBusiness.jp

米国はやはりゲーム大国−海外の調査結果

その他 その他

調査会社のTNSとNewzooは英国、米国、フランス、ドイツ、オランダ、ベルギーの各国においてどれだけの人がゲームをしているかを調査しました。

家庭用ゲーム機で遊ぶ人の割合が高いトップ3は米国(58%)、英国(55%)、フランス(45%)。

PCゲームはドイツ(45%)、米国(41%)、英国(35%)。

ゲームポータルの利用者の割合が高いのは米国(47%)、ベルギー(41%)、オランダ(37%)。

携帯電話ゲームは英国(19%)、米国(17%)、ドイツ(13%)。

MMO及び仮想世界の利用者の割合が高いのは米国(21%)、ベルギー(14%)、ドイツ・フランス(11%)となります(いずれも複数回答)。

これらゲームプレイヤーは特定の機種やゲームのみを遊ぶというわけではなく、状況に応じて様々なフォーマットのゲームを渡り歩いているとのことで、「古典的なカジュアルオンラインゲーマーとハードコアなゲーム機ゲーマーの共通部分が増加している」とされています。

また、無料ゲームのユーザーも増えており、ゲームをしている=お金を使っている訳ではないという結果も出ています。ゲームにお金を支払ったことのあるMMOプレイヤーはフランスでは84%に及ぶものの、オランダでは31%にしかなっていないとのこと。
《水口真》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら