バンダイナムコ、『スパロボK』で使われている一部の楽曲を他のゲームから無断使用していた件で和解 | GameBusiness.jp

バンダイナムコ、『スパロボK』で使われている一部の楽曲を他のゲームから無断使用していた件で和解

その他 その他

バンダイナムコゲームスは、2009年3月20日に発売したニンテンドーDSソフト『スーパーロボット大戦K』において、お詫びとお知らせを公開しました。
  • バンダイナムコゲームスは、2009年3月20日に発売したニンテンドーDSソフト『スーパーロボット大戦K』において、お詫びとお知らせを公開しました。
  • バンダイナムコゲームスは、2009年3月20日に発売したニンテンドーDSソフト『スーパーロボット大戦K』において、お詫びとお知らせを公開しました。
  • バンダイナムコゲームスは、2009年3月20日に発売したニンテンドーDSソフト『スーパーロボット大戦K』において、お詫びとお知らせを公開しました。
バンダイナムコゲームスは、2009年3月20日に発売したニンテンドーDSソフト『スーパーロボット大戦K』において、お詫びとお知らせを公開しました。

今回の件は、タイトーからスーパーファミコン向けに発売された『エストポリス伝記2』内の楽曲「地上を救うもの」と、スクウェア・エニックスからスーパーファミコンやニンテンドーDSで発売された『クロノトリガー』内の楽曲「魔王決戦」に、それぞれ類似した楽曲を無断で『スーパーロボット対戦K』内で使用していたというもの。

バンダイナムコゲームスはタイトーとスクウェア・エニックスとの協議の結果、和解になったことを発表し、今後はこのようなことのないように厳格な管理・監督に努めていくとしています。
《古谷正人》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら