Xbox 360の本体故障率は54.2%−Game Informer誌調べ | GameBusiness.jp

Xbox 360の本体故障率は54.2%−Game Informer誌調べ

その他 その他

海外ゲーム情報誌の「Game Informer」が、約5000人の読者を対象に家庭用ゲーム機の調査を行ったところ、Xbox 360が故障したと答えたユーザーが半数を超えるなど、他のハードに比べ際立って高い故障率が浮き彫りになっています。

調査結果の詳しいデータは以下の通り。

本体故障率
Xbox 360 -- 54.2%
PS3 -- 10.6%
Wii -- 6.8%

修理した本体が再び故障したユーザーの率
Xbox 360 -- 41.2%
PS3 -- 14.7%
Wii -- 11%

カスタマーサービスが役立ったと答えたユーザーの率
任天堂 -- 56.1%
ソニー -- 51.1%
Microsoft -- 37.7%

友人のゲーム機が故障したことがあると答えたユーザーの率
Xbox 360 -- 69.9%
PS3 -- 12.4%
Wii -- 6%


Game InformerはWiiの故障率が最も低い原因について、本体の使用率が低いことを指摘。Xbox 360(40.3%)とPS3(37%)のユーザーが1日に3〜5時間ゲームをプレイしているのに比べ、Wiiオーナー(41.1%)は1日に1時間未満しかプレイしないと回答しているとのこと。

また、Xbox 360の故障率を理由に本体を買わないと答えた回答者はたった3.8%だったそうです。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら