Wii用バッテリーチャージャーが発火の恐れでリコール−Psycloneの商品22万台が対象 | GameBusiness.jp

Wii用バッテリーチャージャーが発火の恐れでリコール−Psycloneの商品22万台が対象

その他 その他

Wii用のバッテリーチャージャーに発火の恐れがあるためリコールされることとなりました。
  • Wii用のバッテリーチャージャーに発火の恐れがあるためリコールされることとなりました。
  • Wii用のバッテリーチャージャーに発火の恐れがあるためリコールされることとなりました。
Wii用のバッテリーチャージャーに発火の恐れがあるためリコールされることとなりました。

「The Wii 4-Dock Recharge Station」は海外の周辺機器ブランドであるPsycloneの商品で、Wiiリモコン4台を同時に充電することができます。

米国消費者製品安全委員会(Consumer Product Safety Commission:CPSC)によれば、使用しているうちに過熱するケースがこれまでにも6件報告され、うち2件ではユーザーが手に火傷を負ったとのこと。

リコール対象となるのは商品底面のラベルに「PSE6501」「RT530」の番号が記されたもので、2008年1月から22万台が販売されたとされています。

米国消費者製品安全委員会は、当該商品の使用を中止して返品するように指示。電話もしくはeメール(productsafety@psyclonegamer.com)で販売元Griffin Internationalに連絡を取るか、ウェブサイト(www.psyclonegamer.com/Wii4Dock)を訪問することを推奨しています。

近年は都市圏のゲーム店や個人輸入などで海外製の周辺機器を手に入れる機会も多いため、4台型のバッテリーチャージャーを持っている人は忘れずに底面のラベルを確かめて下さい。
《水口真》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら