バンダイナムコと東大・馬場章研究室が「ゲームと教育」で共同プロジェクト | GameBusiness.jp

バンダイナムコと東大・馬場章研究室が「ゲームと教育」で共同プロジェクト

その他 その他

バンダイナムコゲームスは、東京大学大学院情報学環 馬場章研究室と共同で「ゲームと教育」をテーマにした共同研究プロジェクトを発足し、ゲームの教育利用に関する研究や、学生自らが調査・研究を行う「リサーチ・インターン」に関する取り組みをスタートします。

プロジェクトでは既存のゲームソフトの教育・学習効果を学術的に分析し、国内外さまざまな講演会や学会などで発表し、"ゲームの教育利用に関する知見"や"ゲームリテラシーに関する社会的認知"の向上、ゲームが持つ可能性を次世代を担う子供や大人に伝えることを目的としています。

両者は品川区教育委員会とも連携し、品川区の教員や保護者の方々と、子供たち参加型のシンポジウムや発表会などを通じて、教育現場におけるICT(情報コミュニケーション技術)の啓蒙を行っていくとのこと。この一環として、以下のシンポジウムが8月6日に開催される予定です。

第1回 ICT時代の子どもの未来を考えるシンポジウム
日時:2009 年8月6日(木) 13:30 〜 17:00
場所:株式会社バンダイナムコゲームス 本社未来研究所 ファンシアター
主催:東京大学大学院情報学環 馬場章研究室、株式会社バンダイナムコゲームス
協力:株式会社内田洋行
後援:品川区教育委員会
対象:品川区立小中学校の先生方、教育関係の方々

産学の連携により、興味深い成果が得られることを期待したいですね。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら