女性がゲームをしないのは何故?ミシガン州立大学のチームが研究結果を発表 | GameBusiness.jp

女性がゲームをしないのは何故?ミシガン州立大学のチームが研究結果を発表

その他 その他

なぜ女性は、男性に比べゲームを遊ぶ時間が少ないのか?ミシガン州立大学のチームがこの原因を探るべく学生を対象に調査を行い、研究結果を発表しました。

情報や通信の分野を担当するCarrie Heeter教授は、同大学の学生276名を対象に調査を実施。その結果、女子学生は男子よりも仕事や宿題などに費やす時間が一週間あたり16時間以上多く、一方の男子学生は、自分だけの自由な時間が二倍近く多いことが分かったそうです。

「今回の研究結果は、女性が男性よりもゲームを遊ぶ時間が少ない理由の一つとして、彼女たちが義務的な活動で必要とされることが多いのを示しました。つまり暇な時間が少ないということです。」情報メディアの担当で、この研究の参加者の一人であるJillian Winn氏はこのように説明。

また、女性がゲームに関心を持たない原因として、ゲーム業界で働く女性が少ないことも挙げられています。Heeter教授は、ゲーム開発者の88%は男性であると指摘し、より多くの女性がゲーム制作に関わるようになれば、興味を示す女性ユーザーも増えていくのではないか、と話しています。(ソース: Physorg: Girls game less because they have less free time, study via Destructoid)
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら