マイクロソフトが通期業績を発表―Xbox 360の販売台数は増加 | GameBusiness.jp

マイクロソフトが通期業績を発表―Xbox 360の販売台数は増加

その他 その他

マイクロソフトは2009年6月期 通期業績を発表しました。

それによれば、売上は584億4000万ドル(前年度比-3%)、営業利益は203億6000万ドル(-9%)、純利益は145億7000万ドル(-18%)となりました。世界的なPCやサーバーの販売減少の影響を受けた格好となっています。期中な主要なポイントとしては、Windows 7リリース候補2の公開や新たな検索エンジンBingの公開が挙げられています。

また、Xbox 360やPCゲームを含むエンターテイメント&デバイス部門(EDD)の業績は、売上高が77億5300万ドル、営業損失が1億6900万ドルとなりました。売上高は6%減少しましたが、損失は66%改善しました。Xbox 360はハードの販売台数は増加したものの、値下げの影響で1台あたりの収益が減少しています。一方で研究開発費を増額し、ソフト開発に力を入れています。

Xbox 360の販売台数は2008年度の870万台に対して、2009年度は1120万台でした。
《土本学》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら