レビューで酷評された『Damnation』の全開発スタッフが解雇に | GameBusiness.jp

レビューで酷評された『Damnation』の全開発スタッフが解雇に

その他 その他



2009年5月にCodemastersから発売されていたサードパーソンアクションゲーム『Damnation』。Metascoreが30点台という、稀に見る酷評を受けているタイトルですが、IGNの調べから開発スタッフが全員解雇されていることが分かりました。

Damnationを開発していたのは、アメリカのスタジオBlue Omega Entertainment。開発者の一人がTwitterに書き込んだ内容によれば、今月19日からレイオフが始まり、全スタッフが解雇されているとのこと。パブリッシャーのCodemastersや子会社との法的トラブル、そしてゲームのセールス不振が要因だと言われているようですが、詳細は明らかになっていません。

Twitterに投稿したBlue OmegaのプログラマーGeoff Rowland氏は、もし彼らに何か新しい仕事があればコンタクトしてほしいと伝えています。

最近ではBionic Commandの『GRIN』など、ゲームの売上不振が原因と見られる開発スタジオのレイオフが相次いでいますが、今回のようにチーム全員が解雇されるというのは、珍しいケースではないでしょうか。
《GameBusiness.jp》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら