東京ゲームショウ2009は来場者向け新サービスを導入、会場に直行するオフィシャルバスツアーも | GameBusiness.jp

東京ゲームショウ2009は来場者向け新サービスを導入、会場に直行するオフィシャルバスツアーも

その他 その他

CESAは、9月24日から27日に開催する東京ゲームショウの開催概要を発表しました。

まず、前売り入場券は7月15日に発売が決定。全国の電子チケットぴあ、コンビニエンスストアや公式ホームページなどで発売されます。価格は1000円(税込)です。(※当日券は1200円 小学生以下は入場無料)

「東京ゲームショウ2009」の出展予定社は7月1日現在、117の企業・団体、出展総小間数は1302小間になりました。今回も例年と同じく幕張メッセのホール1から8までを利用して開催。今回の東京ゲームショウは、待望の人気大型タイトルの新作が多数出展を予定していることに加え、新型ゲームハードの展示も期待されます。

一方、新設したアドバンスド モバイル&PCコーナーには13社が出展、さらに主催者企画としてスマートフォンなどの新しいプラットフォーム向けタイトルや、携帯電話機用の新OSに対応したゲームソフトなどの展示も実施予定です。

「東京ゲームショウ2009」は、今年も「JAPAN国際コンテンツフェスティバル」のオフィシャルイベントとして開催します。コ・フェスタのオープニングイベントとして、日本を代表するコンテンツであるゲームの“元気”を世界に発信します。

また「東京ゲームショウ2009」では、一般来場者向けに新しいサービスを導入。チケットと特製グッズや各種サービスが一体化されたプレミアムチケット「TGS2009 SUPPORTERS CLUB」を発売します。この枚数限定のサポーターズクラブ・チケットには、他では手に入らないTGSオリジナルグッズや、朝の開場から一定時間の優先入場など各種特典が用意されています。気になる価格はリーズナブルな特別価となっており、取り扱いは公式ホームページ・オンラインチケットとローソンチケットの取り扱い予定です。

次に、大阪、名古屋、仙台など全国7都市から「東京ゲームショウ2009」会場に直行する「TGSオフィシャルバスツアー」を日本旅行の協力により実施します。このツアー料金は幕張メッセへ直行する往復バス料金に加え、TGS入場料とTGSオリジナルグッズがセットされたお得な特別価格を予定しているとの事です。遠方地から会場に行かれる方は要チェックですね。

「TGS2009サポーターズクラブ」および「TGSオフィシャルバスツアー」は、一般の前売り入場券と同じく7月15日に発売予定です。なお、詳細は発売日前に公式ホームページで発表予定となっています。
《古谷正人》

特集

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら