E3 2009のフロアマップが公開。各社が巨大スペースを確保 | GameBusiness.jp

E3 2009のフロアマップが公開。各社が巨大スペースを確保

その他 その他



6月2日よりいよいよ開催されるE3 2009(Electronic Entertainment Expo)。主催者のESAは、会場となるL.A. Convention Center内のフロアプランを公開しました。

各メーカーのブース配置やスペースの大きさを確認することができますが、やはり昨年と比較すると規模が大きくなっているのがわかります。ソニー、任天堂、Activisionを筆頭に、カプコン、THQ、SOE、スクウェア・エニックス、MTV、マイクロソフト、Ubisoft、EA、セガ、コナミといった大手メーカーがほぼ同規模のビッグスペースを確保しているようです。(ソース&イメージ: E3 Expo: 2009 Floor Plans)


【関連記事】
Atari、E3 2009への出展を取り止め。土壇場で予定をキャンセル…?
MS、カナダのゲームスタジオを買収、Xbox 360専用の新作をE3でプレイアブル展示
ブースベイブも復活!E3 2009の出展タイトルリスト第1弾が公開
マイクロソフト「E3の発表で人々の家庭用娯楽に対する考え方が完全に変わる」
カプコン、E3 2009のラインナップを発表!未発表新作をプレイアブルで展示
《GameBusiness.jp》

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら