HOME ニュース 業界ディレクトリ ゲーム業界調査
連載/特集
人とインタラクティブの間(新清士)
小野憲史のゲーム評評(小野憲史)
ゲームビジネス新潮流(中村彰憲)
ゲームウォーズ 海外VS日本(イバイ・アメストイ)
ゲームの未来を語る(平林久和)
DEVELOPER'S TALK(CRI・ミドルウェア)
Unreal Japan News(エピック・ゲームズ・ジャパン)
ソーシャル、日本の挑戦者たち(八反田智和)
世界を面白くするGamification(深田浩嗣)
ゲーム・アカデミクス(日本デジタルゲーム学会)
エンタメ創世記(黒川文雄)
データでみるゲーム産業のいま(ゲームエイジ総研)
東南アジアゲーム事情(澤田将司)
OPTPiXを256倍使うための頁(ウェブテクノロジ)


鯉沼久史 襟川恵子 コーエーテクモ 人事

『無双』シリーズのプロデューサー鯉沼氏、コーエーテクモの副社長に

2013年5月21日(火) 23:06 Text by 小寺信夫(Nobuo Odera)
Check Yahoo!ブックマークに登録 この記事をはてなブックマークに登録
印刷用 印刷
コーエーテクモゲームスは、同社の代表取締役及び役員の異動を5月20日に発表しました。

今回の発表は、平成25年6月25日以降の役員新体制の決定に伴う異動で、代表取締役会長には襟川恵子氏(現・取締役名誉会長)、取締役顧問に柿原康晴氏(現・代表取締役会長)、取締役副社長に鯉沼久史(現・専務取締役)などの人事が公表されています。

代表取締役会長となる襟川恵子氏は1978年7月にコーエーの専務取締役に就任して以来、グループ企業を含む同社の発展に尽力してきたキャリアを持ち「楽しくてためになる」をコンセプトにしたゲーム開発を展開し『信長の野望』のヒットに貢献しました。

一方、取締役副社長となる鯉沼久史氏は1994年、コーエーにプログラマーとして入社後、プログラマー、ディレクター、プロデューサーとして数々の作品にかかわってきた同社制作分野のキーパーソンで、代表作は、『真・三國無双2 猛将伝』(PS2)、『決戦』シリーズ(PS2)、『戦国無双』(PS2、PSP)シリーズほか多数。

制作畑のプロフェッショナルが力を持つ新たな人事体制で運営される今後のコーエーテクモゲームスに、今まで以上に周囲の目が注がれています。

コーエーテクモホールディングス
Related Posts with Thumbnails
鯉沼久史の関連記事 [ほか0件]
コーエーテクモHD、鯉沼氏が取締役に就任
襟川恵子の関連記事 [ほか0件]
襟川恵子氏がコーエーテクモゲームスとコーエーテクモウェーブの名誉会長に就任
コーエーテクモの関連記事 [ほか68件]
コーエーテクモゲームス、コナミより『ときめきレストラン☆☆☆』の運営権を取得
コーエーテクモゲームスが音楽クリエイターを公募 第1回「ゲームミュージッククリエイターコンテスト」開催
コーエーテクモHD、平成26年3月期決算を発表 ― ゲームソフト事業は過去最高の売上
『零』最新作が任天堂との共同開発によりWii Uで発売 ハリウッドでも映画化決定
モブキャストとコーエーテクモ、携帯合戦シミュレーションゲーム『モバノブ』を共同開発 事前登録受付を開始
コーエーテクモHD、子会社14社の社名・英文表記が7月1日より「KOEI TECMO」に変更
人事の関連記事 [ほか128件]
「誰がクビにするのよ」アクティビジョンCEO解雇が昨年議論、筆頭株主のメールから明らかに
カプコン、『MH』シリーズのプロデューサーを務める辻本良三氏を執行役員に任命
フロム・ソフトウェア、役員人事を発表 ― 会長に角川ゲームスの安田善巳、社長に『DARK SOULS』の宮崎英高
任天堂、社外取締役の導入にあたり定款を一部変更
任天堂、初の社外取締役を起用へ
ジンガ創業者のMark Pincus氏、執行権のない非常勤会長に退く

コメント
Twitterの反応

Twitterで@GameBizJPをフォロー



ゲームビジネスの明日を切り開くオンラインメディア / GameBusiness.jp
Copyright(C)IID Inc. All rights reserved.
情報提供/お問い合わせはこちらから | 会社概要 | リリース情報 | 採用情報 | 個人情報について